あなたの毎日を特別に。

わたしたちは、自然と向きあうことを大切にしています。 物言わぬ樹木や草花の声に耳を傾け暮らしの中に自然を取り込むことが庭師の重要な役割だと考えているからです。 風に運ばれてくる新緑の匂いや花の香り。聞こえてくる鳥のさえずりや庭の静けさ。四季の移り変わりの中に1日として同じ日はないことを気づかせてくれます。 庭があることで、心の安らぎや幸せを感じていただけるような、そんなお手伝いができればと思っています。

下へスクロール

職人たちの想い。

まずはお客様のお話をよく聞かなければいけません。 古い木や古い庭石には思い出と共に、ご家族の歴史がある。 どんなものでも、お金では買えない思い出が詰まっていると考えます。 お客様の歴史を知っていれば、必ず思いを込めることができる。 技術の高さを押し付けるのではなく、磨いてきた技術で工夫をする。 庭づくりは完成してからが、お付き合いの始まりだと思っています。 人生の中でお客様に愛していただける庭を作り、お客様と一緒に育てていく。 たとえ親方や自分がいなくなっても、後輩の職人たちが変わらず庭を守っていってくれる。 そうやってお客様の庭が、世代をこえて受け継がれていってほしいと願っています。

下へスクロール

自然を相手にするということ。

わたしたちは物言わぬいのちを預かり、庭づくりをしています。 成長する樹木や草花もあれば、枯れてしまうものもあります。 古い木か、若い木か。元気があるのか、弱っているのか。 若い木は育て方を見極め、成長を抑制するのであれば強めに、 成長を促すのであれば形よく成長できるような剪定をする。 庭にある石や樹木や草花など、あらゆるものに性格があります。 自然を観察し、目に焼き付ける。 樹木の生え方、成長の仕方、石の配置、草花の姿。 梅は梅らしく、桃は桃らしく。その樹木のあるべき姿、らしさを生かす。 それが自然を相手にしているわたしたちの役目です。

下へスクロール

日本人の美意識。

日本は、国土の7割を森に覆われています。 そして身近にある豊かな森から木を切り出し家を建てました。 自然とのつながりを大切にし、その中に美しさを見いだしてきた日本人は、縁側のような外とも内とも区別のつかない空間をつくり庭のなかで四季のいろどりをいつでも眺められるようにしました。 自然を畏れ敬い、自然の摂理に寄り添う事で、日本人の美意識は育まれてきました。 都会で庭を持つスペースがない方でも、鉢植えで草花を育てている。 日本人の美意識が、自然の中にある美しさを、 暮らしの中にある自然を必要としているのだろうと思います。

下へスクロール

見て習う。

技術の習得には終わりはありません。
真摯に庭と向き合い、庭師として、人として成長していきたいと思っています。

取締役会長寺下弘(てらしたひろむ)の写真

会長 寺下 弘(てらした ひろむ)

現代の名工

「弟子の頃から常にいい職人になりたい。」と思っていました。
それは、師・小島佐一との出会いのおかげかもしれません。
探求心を忘れず庭と向きあい、受け継いだ技を次の世代に伝えていきます。

山本徳和

山本 徳和(やまもと のりかず)

一級造園技能士

目の前にある仕事に対して全力で考え、やり遂げる事を大切にしています。 自分の手仕事の向こう側にお客様の笑顔があるように毎年かわらずキレイな庭を提供しつづけていきたいです。

服部香司

服部 香司(はっとり たかし)

一級造園技能士 / 一級造園施工管理技士

庭づくりを通してお客様が感動する体験をしていただきたいです。
そのためには完成品としての美しさだけでなく、より早く、より美しい仕事を日々の目標としています。

上坂明靖

上坂 明靖(こうさか あきのぶ)

一級造園施工管理技士 / 一級土木施工管理技士 

物づくり、手作りから生まれる喜びと感動をお客様と、またスタッフと分かち合う日々を歩みたいと思っています。

 

石見康文

石見 康文(いわみ やすふみ)

技能五輪国際大会(ブラジル2015)出場 / 一級造園技能士

会長と並べるような技術を、どのような事にも決して動じない精神を身につけたいと思っています。
自分で剪定をした木を見てもらってキレイと言われた時に達成感を忘れずに日々精進したいです。

清水秀明

清水 秀明(しみず ひであき)

庭づくりの面白さは人が暮らす空間に自然を取り込むことが出来ることだと思っています。
仕事ぶりを見ていて清々しいとほめられたり、「綺麗なお庭になった」とお客様の笑顔を見ると喜びを感じます。

平木雄一朗

平木 雄一朗(ひらき ゆういちろう)

oomiteien onlineshop 担当

山野草を通じて、毎日の暮らしに四季を取り入れたうるおいのある生活を提案していきます。

松本友香里

松本 友香里(まつもと ゆかり)

緑が暮らしにあることが日常になって欲しいと思いながらお庭づくりをしています。

季節の移ろいを美しいと思う感性を大切にし、お客様に寄り添ったお庭になるよう努めます。

前川航平

前川 航平 (まえかわ こうへい)

技能五輪国内大会 金メダル (2019)

お客様に癒しを感じて頂けるようなお庭づくりに励みたいと思います。

日々試行錯誤しながら一つ一つ技術を磨いていきたいです。

浦辻知菜莉

浦辻 知菜莉 (うらつじ ちなり)

日々心がけていることは、細かい所まで綺麗にすることと、楽しく笑顔で仕事をすることです。
できる事を増やしていき、安心して仕事を任せて頂けるような信頼される職人になりたいです。