お茶事前の剪定で、おもてなし



お客様へのしつらえ・おもてなし。
先日、お茶事に向けた木々の剪定へ伺いました。

剪定中の宇都宮。
会長の指示を仰ぎ、枝を抜いていきます。




写真でも見てわかるように、どこを切ったかわからない仕上がりへ。
でも、全体が軽くなり、木漏れ日がやわらかく差すようになりました。



お茶事にあわせたかのように咲く、クチナシの花。
露地の緑に、白と艶やかな薫りが華を添えます。

投稿者:平木 雄一朗

草刈り大作戦!

こんにちは。

先日の朝に起こった大阪地震、皆さんご無事だったでしょうか。

幸い滋賀県は被害が小さく、私たちは普段通りの日常を送っています。

被災された方が早く日常を取り戻せるよう私たちは願っております。

 

 

 

上の写真は近江庭園の庭にある井戸の蓋を新たにしたものです。

杉皮を貼り替え、竹を全て新しくし、棕櫚縄での結束を会社のみんなで行いました。

結びの復習や伝統的なものの良さを改めて学び直す機会になりました。新しくなった井戸の蓋、これからまた年月を重ね深みと味わいが増すことでしょう。

 

 

うって変わって、こちらは昨日行った公共のお仕事、草刈りです。

今回は短期集中型の仕事で、8月の半ばまで行います。

 

 

楽しそうに作業しているように見えますが、この日は本当に大変でした…!😂

急斜面の草刈りに加え、何より距離が長い!

 

 

この果てしなく続く道をずっと草刈りしていきます。

夏至を過ぎましたが、これからどんどん夏真っ盛り。

今からそのことを思うと、炎天下での作業に気が遠くなりそうです…😞🎆

 

 

しかし、後ろを振り返れば先ほどより綺麗になった道がずっと続いています。

やはりそれが一番のモチベーションになりますね!

綺麗な道を作り上げ景観を作ることは大切な仕事です。

 

これからまだまだ作業は続きますが、頑張っていきたいと思います!

投稿者:松本 友香里

会社の備品修理、受付ます。

一昨日は、突然の地震で緊張感の走った朝となりました。
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。

まだまだ余震が続きますので、くれぐれもご用心くださいませ。

 

 

さて、、
ぱっくり割れた、置物。
先日の地震の影響なのか。。。



いえ。犯人はこのコ。

弊社、破壊神の仕業。





すでに、二品目の犠牲。笑

 

前回は接着して、割目の部分を金継ぎ風に着色。



どの職場に所属しても、修理依頼がやってくるワタシ。

時計のベルト交換、革靴底修理、陶器接着、額縁修理、、、etc

分野外の依頼仕事も、
また新たなモノがみえてくるので、たのしいです◎

投稿者:平木 雄一朗

魚子垣

魚子垣とかいて、なんてよむ?




正解は、魚子垣=ななこがき と呼びます。


細く薄い竹を半円形に曲げて波状に地面に差し込んだ垣根を指します。

今回は、こちらのを施工したのでは無く、

あるお客様から、ななこ垣用竹材の注文を承りました。



材料だけをお渡しする

ある意味、レアなケースです。

関東地方では、あまり見かけないという、ななこ垣。
施工は単純ですが、とても奥が深い竹垣の一つです。

いままで様々な“モノ”を梱包し、発送してきましたが
1.5mの竹材を梱包したのは、初めての試みでした。

投稿者:平木 雄一朗

夏も気を引き締めて!

 

こんにちは。

昨日の朝は新じゃがを洗うことからスタートしました。

季節が夏へとどんどん移り変わり、食材も旬のものが変わっていきますね 🍉😋

夏の暑さに負けないよう、しっかり食べてスタミナをつけたいところです。

 

 

 

さて、昨日の現場は近江庭園からほど近いとあるお寺でした。

毎年お世話になっているこちらのお寺には立派な木々が生え、中でもノムラモミジがとても美しいのが印象的です。

 

 

今回の作業内容は、新しいお地蔵様がいらっしゃるところを造る、というもので、昨日はその場所に植わっている既存のヒラドツツジの植え替えをしました。

 

 

 

この間知石の石積みの部分に新たにお地蔵様が何人か来るそうです。

その新たな追加の石積みも近江庭園でさせて頂きます。

 

 

土場にそこで使用する雑割りの間知石を調達しに行き、選別、積み込みを行いました。

 

お寺での今回のような作業は私にとって初めてで、新たにやってくるお地蔵様は石材屋さんが丹精込めて造ったものですし、お寺の顔となるようなものを造ることになると考えると、なんだか普段の工事とは違った緊張があります。

このような仕事ひとつひとつに良い緊張感を持つということを最近忘れがちですので、気を引き締めて暑い夏も乗り越えていきたいですね!

投稿者:松本 友香里