年末年始のお休みについて

誠に勝手ながら、 2011年12月28日(水)〜2012年1月4日まで 年末年始のお休みを頂戴いたします。
2012年1月5日より通常通り営業いたします。
皆様、よい2012年をお迎えください。
本年も本当にありがとうございました。
投稿者:寺下 真司

師匠につづく

弊社の会長が、庭に携わる世界に入って、51年。
16歳の時に、京都の庭師 小島佐一氏に修行の門戸をたたいたのが、はじまり。
小島師匠は、桂離宮・修学院離宮・足立美術館など日本を代表する庭園の作庭、 維持管理に携わられ、特に雑木の庭、大胆な石組を得意とされていました。
様々な業界における貢献が認められ、小島師匠が卓越技能章「現代の名工」として表彰されたのが、 67歳の時でした。造園界では第一号の受賞でした。
kojimasaichi_20111115.jpg
会長が常に目標としている小島師匠。
その小島師匠の教えを守り、雑木の庭、石積みを中心に、様々なお仕事を経験させていただきました。
そんな会長も今年で67歳。 偶然にもご縁あって、さる11月15日に小島佐一師匠と同じ年齢で、 栄えある卓越技能章をいただくこととなりました。
下の写真は、表彰式の様子です。
takuetsu_20111115.jpg
今回の受賞は、日ごろから応援、ご支援をいただいている皆様のお力添えあってのことです。 本当にありがとうございます。
庭を通じて、日本の良き文化、伝統技術を後世まで受け継ぐべく、 また、心と暮らしをゆたかにする「いい庭」を提供できるよう、 今後一層、社員一同、精進していきたいと考えております。
今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。
◆卓越技能章/現代の名工:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t2t7.html
投稿者:寺下 真司

丸の内仲通りガーデニングショー2011 表彰式

今回の表彰式の際、親子で写真撮影をしていただきました。
公式ホームページの受賞者ページに掲載されていますので、ご覧ください。
撮影の際、カメラマンさんの「ニコっ」と笑って!!と大きな掛け声ががあったせいか、 皆さんとてもいい笑顔です(笑)
投稿者:寺下 真司

丸の内仲通りガーデニングショー2011 結果報告

お待たせいたしました!!
丸の内仲通りガーデニングショー2011にて、 私達の作品が、 なんと、
金賞!!(ガーデンジュエリー大賞)
に選ばれました。
これも、日ごろの皆様のご支援のおかげです。 本当にありがとうございました!!
今回、このガーデニングショーに参加するのは、初めてでしたが、 「人々に元気を与える」というテーマの下、私達の石積の力強さが評価をいただき、 今回の受賞にいたりました。
が、その一方、和風ベースの中に、山野草だけでなく、 バラなどの洋花を使うといった我々にとっては、新たなチャレンジであったのですが、 審査員の方から「草花の色使いなどについては、今後も勉強の必要がありますね」っといた 講評をいただき、これからのヒントをいただいたガーデニングショーでもありました。
世の中の変化するスピードは年々加速しています。
我々も古き良き技術・モノは残しつつ、新しい要素を取り入れ、日々躍進してまいりたいと思います。
いろいろな方々からお祝のお言葉、応援のお言葉をいただき、本当にありがとうございました。 それでは今回の展示作品をご覧ください。
marunouchi_20111024.jpg
marunouchi_201110242.jpg
marunouchi_201110243.jpg
marunouchi_201110244.jpg
marunouchi_201110248.jpg
marunouchi_201110245.jpg
marunouchi_201110246.jpg
投稿者:寺下 真司

丸の内仲通りガーデニングショー2011 施行作業

10月17日夜〜19日の朝までの夜間作業で、今回の丸の内仲通ガーデニングショーの出店作品を 作り上げました。
その完成までをご紹介します。

まず作品の外枠を木材で作っていきます。
大きさは幅6m、奥行き1.5mの約3坪のスペースです。
marunouchi_20111019.jpg
次に以前に組み立てておいた石の塀をまっすぐ据え付けていきます。
この石は横幅1.5m、高さ 1.2m、暑さ7cmもある大きな石です。
marunouchi_201110192.jpg
次に石積みをこの場で組み立ていきます。
石積みの完成したものをみて、通りすがりの方から、 「これ、組み立ててもってこられたんですか?」 という質問もありましたが、 この場で石を一つ一つ選び、積んでいきます。 今回の作品の山場でもあります。
2日という短期間の作業ですので、 皆集中して石をどんどん積んでいきます。
marunouchi_201110193.jpg
marunouchi_201110195.jpg
marunouchi_201110196.jpg
次に瓦。
今回の瓦は新しい瓦を使用せず、 実際に屋根に使用されていた古い瓦を積みます。 新しい瓦もよいのですが、古い瓦を使用することにより、 長い年月、厳しい環境で鍛え上げられ、いい味が出ています。
marunouchi_201110194.jpg
10月というのに、むし暑い東京でした。
皆汗だくになりながらも一日目。 予定よりも作業を進めることができました。
marunouchi_201110197.jpg
一日目の作業が終わり、宿泊場所に戻ったとき、 少し車を移動しようと再度エンジンをかけようとすると、 う、う、動かん!!! え!まじかい!! ということで、レッカーでディーラーさんまで搬送。
おかげで、社員共々日中ゆっくりできなかったのですが、無事修理完了。
私事を含め、レッカー移動、今年で2回目。 なかなか経験できません。。
marunouchi_201110198.jpg
2日目の夜。
作業前に丸の内をうろうろしていると、花のきのこに遭遇。
何気ないオブジェですが、おしゃれな空間を演出しています。
ちなみにこの花、造花でした。
marunouchi_201110199.jpg
では、2日目作業開始。
石で花やトンボを作るために、材料を選んでいるところです。
marunouchi_2011101910.jpg
たくさんの花々でお化粧をしていきます。
今回、なでしこ、菊、バラ、りんどう、大文字草などを使用しました。
marunouchi_2011101911.jpg
2日目の作業は4時頃に終了しました。
後は21日の結果発表を待つのみです。
コンテストの結果、どうこうよりも、 2日という時間の限られた中、また夜間の作業という慣れない環境のなか、 協力し、今回も無事作品を完成できたことがうれしい限りです。
marunouchi_2011101912.jpg
投稿者:寺下 真司