やまも、うみも、うしも、たのしめるアワイチ。



先日、有休を利用して淡路島を時計回りで堪能してきました。

 























ふだんは、本州から四国へ通過するのみの淡路島。

ぐるっと一周することで、島の豊かさがみえてきました。



まだ知らない風景や、ひと・もの・こと。

休日を利用して、たくさん開拓していきたいです。

投稿者:平木 雄一朗

Instagram運用から1ヶ月余り。その成果はいかに。

運用し、はや1ヶ月。 
フォロワーさんは、1000人を目標!!!



しかし、現実は 27人。笑


 

いや、27人様がご笑覧いただるので、

今後も、山野草のうつくしさ・知識をご提供できたらと思いますので、

引き続き、おつきあいの程、よろしくお願いいたしますネ!

まちなみでは、百日紅【サルスベリ】が開花してきました。






花びらが特徴的です。

 

和名で書くと、「猿滑」
猿が登ろうとしても滑ってしまう、という昔の有名な表現があります!

 

GerdenPorter.comでは、背丈の低いものを扱っております。


また、一風変わった桔梗【キキョウ】入荷しました。



白い花びらに、紫色の絞り染めのような柄が特徴です。

 

開花するまで、どのような柄になるのかも楽しみがあり、

夏の暑さに、眺めているだけでも涼を感じれる、花の一つです。

6月ごろから、9月ごろまでたのしめます。

この機会に、ぜひ手にいれてみてくださいね!

投稿者:平木 雄一朗

打ち合わせの時間を、大切に。


 



これらは、台風や地震による、被害相談のものたち。

自然災害からもとある環境づくりへ、つなげるため。

お客様との打ち合わせの時間を、大切にします。



すべては、よりよい庭のために。

 

投稿者:平木 雄一朗

昆活の夏。

昆活【こんかつ】
婚活ならぬ、昆虫を愛でる活動の意。。





実は明日からは、二十四節気の第13である、「立秋」です。

 

現実は、ぜんぜん秋めいてはおりませんが、

昆虫や小動物が、なんだか活発化してきたように思います。

 

庭の水撒きを通して、身近な虫たちと触れ合い、

夏の自由研究の題材として、いかがでしょうか。。



 

昆活、あついですよ!

 

投稿者:平木 雄一朗

夏場の水撒きで、今後の生育が左右される!



本日から、8月ですよー!

まいにち本当に暑いですね。

 

こんな日は、冷たーぃ水に浸かって、

冷た〜ぃかき氷をたべたいものです。。




さてさて、

この暑さに、人間もやられそうですが、

植物も同様に、枯れそう、、になってます。。。

早朝と、陽が落ちた夕方ごろに、しっかりと水撒き。







京都のあるところでは、
モミジの葉が、まさに真っ赤になっていました。

これは秋の紅葉ではなく、、

暑さや昼間に撒いた水が葉の上でお湯となって、焼けた証拠なのです。。

秋の美しい紅葉や、花をたのしむ為にも、

夏場の、“葉づくり”が重要です!

 

朝夕の、涼しい時間に!

投稿者:平木 雄一朗