お茶事前の剪定で、おもてなし



お客様へのしつらえ・おもてなし。
先日、お茶事に向けた木々の剪定へ伺いました。

剪定中の宇都宮。
会長の指示を仰ぎ、枝を抜いていきます。




写真でも見てわかるように、どこを切ったかわからない仕上がりへ。
でも、全体が軽くなり、木漏れ日がやわらかく差すようになりました。



お茶事にあわせたかのように咲く、クチナシの花。
露地の緑に、白と艶やかな薫りが華を添えます。

投稿者:平木 雄一朗

会社の備品修理、受付ます。

一昨日は、突然の地震で緊張感の走った朝となりました。
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。

まだまだ余震が続きますので、くれぐれもご用心くださいませ。

 

 

さて、、
ぱっくり割れた、置物。
先日の地震の影響なのか。。。



いえ。犯人はこのコ。

弊社、破壊神の仕業。





すでに、二品目の犠牲。笑

 

前回は接着して、割目の部分を金継ぎ風に着色。



どの職場に所属しても、修理依頼がやってくるワタシ。

時計のベルト交換、革靴底修理、陶器接着、額縁修理、、、etc

分野外の依頼仕事も、
また新たなモノがみえてくるので、たのしいです◎

投稿者:平木 雄一朗

魚子垣

魚子垣とかいて、なんてよむ?




正解は、魚子垣=ななこがき と呼びます。


細く薄い竹を半円形に曲げて波状に地面に差し込んだ垣根を指します。

今回は、こちらのを施工したのでは無く、

あるお客様から、ななこ垣用竹材の注文を承りました。



材料だけをお渡しする

ある意味、レアなケースです。

関東地方では、あまり見かけないという、ななこ垣。
施工は単純ですが、とても奥が深い竹垣の一つです。

いままで様々な“モノ”を梱包し、発送してきましたが
1.5mの竹材を梱包したのは、初めての試みでした。

投稿者:平木 雄一朗

花のある生活



ちょっとまえ、お客様から
庭で採れた、たくさんの薔薇の花をいただきました。


生花でしか味わえない、艶やかな色とうるおい。
香りに癒されました。




ただ、このまま散らすのも勿体無いので、
花が開いた状態で、部屋で干してみました。

適当な、硝子瓶に挿して。。



もうしばらく、薔薇をたのしめそうです。

 

ドライフラワーは自宅でも簡単にできるので、皆さんも挑戦してみてください!
(モミジやナンテンなど、向かないものもございます。)

 

たくさんのお花を、ありがとうございます!

投稿者:平木 雄一朗

今年は毛虫に要注意!



例年に比べ、ツバキや、チャノキ(お茶の木)に、毛虫が大量発生しております。

このままでは、一枚も残らずに葉が食べられてしまうだけでなく、

毛虫の毒針で、ヒトの肌にも影響が出てしまいます。

なるべく早い処置が必要です!



毛虫被害で困っている、どうすればいいか悩んでいる際は、

お気軽にご相談くださいませ。

 

あなたの大切な木々が、手遅れになる前に!

投稿者:平木 雄一朗