板塀工事に密着!

 

今からちょうど一年前に、お庭の工事に入らして頂いたお客様から

有難いことに、2度目のご依頼をいただき、板塀工事に行ってまいりました!

 

一年前に、工事に入らせていただく前のお庭の状態がコチラ。

 

 

そして、一年前に出来上がったお庭がコチラ。

 

 

そして、今回ご依頼を受けた内容は、👆の写真にもチラッと写り込んでいる

板塀を、別の場所にもつくってほしいとのことでした!

 

 

まず、板塀に塗る塗料の確認から。

 

 

前に植栽をしているため、伝わりにくいですが、

後ろにある板塀をもう一度作成します!

 

 

板塀の柱を立てるための、基礎を打ち込み、

 

 

水糸を張り、まっすぐに柱を立てていきます。

ここで、気を使ったポイントは、

いろいろな面で水平を取り、ビシッとそろえるのが、

なかなか難しい作業となります😌

 

 

板、一枚一枚の間隔と、高さ、水平が揃うよう、

30枚の板をビスで止めていきます。

 

 

横幅4m、高さ2mの板塀が、完成しました!!

 

 

板塀があると、後ろの背景がかわり、

植栽が、より一層、パリッとしました!

 

お施主様にも、喜んでいただけました~😊

 

何かのご縁で、繋がることのできたお客様とそのお庭と

長く深い関係をこれからも続けていけるよう、日々精進して参ります

 

 

最後に、一つ皆様にお知らせがあります。

 

来週から、ブログの担当が、私、大原から

松本さんに変わります!

 

5か月間、ご愛読いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

引き続き 近江庭園庭づくりブログを

ご愛読くださいますようお願い申し上げます🌼

 

 

投稿者:マネージャー

梅雨入り前に、新緑の京都へ!

 

週末、良い天気が続いていたので、京都に行ってきました☀

 

 

 

以前、投稿した中にもあります、AKAGANERESORTKYOTOHIGASHIYAMA

 

 

中を拝見することは出来ませんでしたが、

神藤さん宇都宮さんがメンテナンス中、外の通りを歩かれてる観光客の方が、

 

”あ!ここにAKAGANERESORTがあったんだ~!気になってたのよ~!”

 

と、お連れの方と話されるのが聞こえ、なんだかうれしい気持ちになりました😊

 

 

そして、4月に紹介した、京都の人気スポットにも実際に行ってきました!

 

 

八坂庚申堂の前に、

とてもカラフルな着物を着た方がたくさん!!💓

 

 

(インスタグラマーとは、大変だなぁ、、、と、実感しました😌(笑)

 

清水坂を上っていくと、ユニークなお店が、ちらほら。

中でも気になったのが、この、針金アート。

 

 

全て針金でできているそうで、インテリアにもってこいの可愛さでした😍

 

あまりにも暑い日だったので、涼しげなお茶屋さんで小休止。

 

良い香りに誘われて入ったお店は、京だんご 藤菜美

(お団子の誘惑に負け、お店の写真を撮り忘れました…(笑)

 

 

みたらし団子の優しい甘さと、ふわふわのきな粉。

スーッと体に染みわたる、甘味抹茶「洛水」

 

お茶や、団子を味わっているときに、日本人であることを誇に思います😋

 

お店を後にし、行ってみたかった巨大綿菓子店へ向かう途中、

前から二人の舞妓さんが😊

 

 

剪定された松に、綺麗な青空のもと歩く、京の舞妓。

京都ならではの1枚が撮れました😎🎶

 

そして、念願のふわっふわ綿菓子、JEREMY&JEMIMAH

 

桜餅味や、抹茶味、黒蜜きな粉味に、梅干し味など…

たくさんユニークな味がありましたが、綿菓子のあまりのデカさに

挑戦することができず、、、プレーンのフリーズドライフルーツパウダー付に✨

 

 

念願の綿菓子を頬張ることもでき、久しぶりの京都ぶらり旅、満喫しました!

 

次は雨の降る京都も、良いかもしれませんね(´▽`)

 

 

 

 

投稿者:マネージャー

京都の北部へ!

 

 

気が付けば、もう6月🐌

早いもので1年の半分が過ぎようとしていますネ…😅

 

さて、先月の半ばに平木さんが出張に行かれたこの現場

 

舞鶴

 

今回、植栽をするスペースは、

2Fにあるベランダの花壇と、1F入り口付近の看板下の2か所です!

 

 

👆こちらが、2Fの植栽スペース🌴

 

 

👆こちらが、1Fの植栽スペースです🌿

 

 

2Fの植栽に使用する植物は、

 

 

ラベンダーヒューケラアマドコロ

ローズマリークリスマスローズギボウシ の、6種類!

 

そして、1Fの植栽に使用する植物は、

 

 

サツキツツジコクチナシリュウノヒゲタマリュウ の、4種類です!

 

1Fは、まず、すき取りをし、山土を入れ、

ヤシガラと呼ばれるバークチップの様なものを混ぜ、

4種類の植物を植えていきます!

 

 

 

2Fは、透水・防根シートを植栽する桝に敷いて、

軽量土壌を入れてから、植栽をします。

 

 

 

 

 

 

この日は、30度の猛暑日だったため、たっぷりと水を上げて完成しました☆

 

 

 

投稿者:マネージャー

ウッドデッキに綺麗な緑

 

今月頭に、平木さんの投稿にあった、ウッドデッキ作成の現場

 

 

今回は、ウッドデッキの周りに、人工芝を敷いていきます🌿

 

作業前日に、1.8m×5mの人工芝ロールの巻き癖を取るために、

3~4時間、まっすぐにのばして、しわ取りをします。

 

もう一度巻き直して、現場へと向かいます🚚

 

炎天下の中、端っこに合わせて仮置きをして、専用ボンドで固定していきます。

 

 

黒いシートは、人工芝が風等ではがれないように

芝同士の接点を、しっかりと固定できるように

黒いシートに専用ボンドを塗り、人工芝の下で固定します。

 

 

 

全体にシワができないよう、引っ張りながら張り付けていきます☆

 

 

どこで芝生をつないでるか分からないほどに、綺麗に仕上がりました😁

 

夏日の中、屋上での作業、お疲れ様でした😌☀

投稿者:マネージャー

女性はやっぱり花が好き🌷

 

この写真は、昨年の国際バラとガーデニングショウを見に行った時のものです🌹

 

加工無しで、この鮮やかさ✨

 

”女はやっぱり花が好き”って、、最近人気の芸人さんが言ってましたが。。

やっぱり好きです!!(笑)

 

優しい香りも、花それぞれの顔も、色も!

 

 

私の祖母も母も、お花が好きという環境で育ったおかげなのか、

大切な人の大切な日には、その人の好きなお花を送りたくなります💐

 

父が、母に花束をプレゼントした時、母は昔からドライフラワーにしていました。

 

 

↓2年経過すると…

 

 

良い味が出てきています🌹

 

もらって嬉しいお花の贈り物、みなさんはどんな方法で楽しみますか?

 

今日は、そんな素敵な贈り物を長く簡単に楽しめる方法を紹介したいと思います🌺

 

 

楽しむ方法① 花瓶の水に○○を混ぜる✨

 

花束になる為に、切り花となった花たちは、

根を失い、栄養を吸い上げることが出来なくなります。

 

花瓶の中の水だけを吸い上げて生きてくれますが、

水だけでは十分な栄養を補うことが出来ないのです…。

 

そこで!ある調味料の力を借りると、お花に栄養を与えることが出来るのです😍

 

 

その調味料とは、どのご家庭にもある、砂糖です。

 

糖分は、光合成に欠かせない栄養素なので、花瓶の水に混ぜてあげることで

より長く素敵なお花を楽しむことが出来るのです😊

 

※ただし、気を付けないといけないのが、

砂糖は花たちのエネルギーになる半面、腐りやすくしてしまうため、

夏場は特に、適度な水の交換をお勧めします😌

 

 

 

楽しむ方法② 花がしおれてお辞儀を始めたら器へ入れる🌿

 

花束を花瓶に移し、数日経過すると、花部分が大きい種類は

しおれると同時に、お辞儀のように頭を下げ始めます

 

枯れる前の段階なので、もう少し楽しむことが出来ますが…

すこし、悲しい気持ちになってしまいますよね…😥💧

 

そんな時は!

気になる花を取り出して、花部分と茎部分の間を切り離してしまいます✨

 

茎部分を捨て、花部分は浅い器に水を入れて浮かべて楽しむのです😉

 

JP16-187ATB4

皿の下部分に、ビー玉やおはじきなどを入れれば

清涼感を楽しむことも出来ます🎐

お花一つで、ひとつのインテリアになるので是非お試しください🌷

 

 

 

楽しむ方法③ 枯れる前に本に挟んで押し花にする🌺

 

小さい頃、クローバーや育てたアサガオなどを押し花にしたことはありませんか😊

綺麗な押し花をつくる為には、鮮度の良いうちに乾燥させることが重要です☆

花びらや葉を、数枚取って、よく水分を拭き取り、

ティッシュやキッチンペーパーに包みます😉

 

更に、新聞紙で包んで、雑誌や本に挟み

しばらく放置するだけで、押し花が出来上がります🌼

 

気を付けないといけないのが、色褪せてしまわないように

出来るだけ光に当てないようにしてあげてくださいネ🌟

 

この、押し花にすることによって、また別の楽しみ方も増えていきます🌼

 

例えば、ラミネート加工をして、オリジナルのしおりが作れたり✨

 

出典:www.etsy.com

 

正方形のタイルに押し花を張り付けて、ウォールアートにしてみたり…

 

出典:book-lover25.tumblr.com

 

 

季節ごとに咲くお花を、いろんな楽しみ方で味わってみてくださいネ♪

 

 

 

投稿者:マネージャー