茅の輪をつくりました!

こんばんは。

今日は僕らが作った茅の輪を設置しました!

写真 (1).JPG

そもそも茅の輪とは、6月と12月に神社で罪穢れを払うために使われるものです。

茅を輪っかにしたこの形、潜ったことある方も多いのではないでしょうか。

しかし茅の輪といってもこれといって決まった形式がなく、調べてみるといろんな形や縛り方があるようです。

僕らがつくったのはお客様の要望で0型の茅の輪をつくりました。

神社ではなくお店に設置するため、スリムでいて潜りやすい一味違った仕上がりになったと思います。

日本の伝統に触れられた貴重なお仕事でした。

それではまた来週!

投稿者:飛田