何を植えたらいいですか?

最近、ご自宅を新築された方からご相談をいただきました。

シンボルツリーを植えたいのだけれども、何がいいでしょう?というお話でした。


せっかく家を建てられたのだから、何を植えようか

キンモクセイにしようか、ゴールドクレストにしようかと、

いろいろ勉強をされ、お悩みでした。


でも、最終的にはハナミズキの花が好きだから、

ハナミズキを育てたいという結論にいたったのですが、

無事に成長するかどうかご心配されていました。



このようなお悩みをお持ちの方は多いはず。

自分が選択した樹木がその地に合うかどうか。


本音をいうと樹木も人間と同じ生き物なので、その土地土地の微妙な環境により、
あう、あわないということがでてくるのですが、

私たちが樹木を植える際、またお客様からごこのような相談いただいた場合に、


一番にお伝えするのは、 「土づくり」 です。


樹木は土から栄養・水分を吸い上げ、少しずつ根を広げ、大きくなっていきます。


この土に栄養分がない、水分を含みにくい、また逆に水を含みすぎ、水はけが悪い、と、
樹木は弱り、また最終的には枯れてしまいます。


近年、田んぼを開発されてできた分譲住宅の土地には、強度を強めるために
改良剤(セメントのようなもの)が使われています。

実はこの改良剤、樹木にとっては最悪です。

もしこのような土に樹木を植えられたい場合、少なくとも樹木の周りだけでもよいので、
樹木の成長しやすい土に入れ替える必要があります。


今から樹木・植物を育てたい方は、土づくりに目を向けてみてください。

投稿者:寺下 真司