一歩先行く企業でありたい。

弊社も昨日12日からお盆休みにはいり、15日(木)までお休みとさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




先日、ある取引先に樹木・植物を仕入れにいったときのこと。

仕入予定のモノを軽トラックに積み終わり、さぁ帰ろうと思ったところ、

大津市内の同業者の社長に偶然お会いする機会があり、


(あ!〇〇社長、久しぶりや!)


と思い、おはようございます!!と


笑顔であいさつをしたところ、



こちらの挨拶が完全に聞こえているのに、



無視。。


ムシ。。。



5秒ぐらい待ちましたが、



むし。。。。



こういう時気まずいですよね。

まぁ、いいやとそのまま会長と軽トラに乗り、帰りました。



どうも嫌われているようです(笑)




私は、大学卒業後、東京でコンピュータの会社に4年ほど勤務し、
退職後、実家の家業を継ぎました。



なので、仕事内容、仕事環境ともに180度違う状況で今までやってきたわけなのですが、

昔の同僚・友人と久しぶりにあったときの会話の中で、

お互いの仕事の話になり、「職人さん」って大変じゃない?とよく聞かれます。



正直なところ、最初は大変でした。



そりゃー、そうですよね。

自分より経験の少ない、何もわかってないヤツがいきなりかえってきて、
会社のやり方にズバズバ、口をだしていくわけですから。



衝突も多々ありました。

会長ともケンカしまくりでした。

やめていく社員もいました。




でも、今、自分の考え・思いをつらい抜いてきてよかったなと思います。

私に(?会長に?)ついてきてくれているスタッフに日々、感謝しています。



私自身、大学時代、体育会に4年間身を置き、挨拶・話し方を含め、
日々細かなことでめちゃくちゃ怒られ、走らされ、精神的に鍛えられたこともあり、
仕事そのもののことより、当社スタッフには挨拶・返事・礼儀等については、よく話をします。



技術があるから、年齢が上だから、自分より仕事ができないから、
挨拶をしない、感謝の気持ちを持たない、謙虚にならない、えらそうな態度をとるなど

本当にありえません。

職人だからとか、いいわけになりません。


技術と人間性が備わってこそ、いい職人だと思います。


完成品としてお客様に提供する「庭」の質を向上させるのはいうまでもありませんが、
日々ご支援いただいているお客様に感謝し、
全工程に携わるスタッフの「サービス」に満足いただけるよう日々努力していきたいと思います!!






投稿者:寺下 真司