お土産の、カイヅカイブキ



ある日の休憩時間、現場からお土産にいただいた、カイヅカイブキちゃん。

樹皮を剥がしてみました。まだまだ水分たっぷりです。







ここから約2ヶ月程かけて太陽の下で年輪の水分を飛ばします。

生命感と魂が感じられる、独特な形状。
乾燥するまで、どのように活かすか、あれこれ考える時間もたのしいもんです。

 

僕は、彫刻しようと企んでます!おたのしみに。

投稿者:平木 雄一朗