日本産業遺産をめぐる、大人の見学会。





梅雨の晴れ間、

閉山から31年の歳月が経つ、明延鉱山へ見学へいってきました。

この周辺の山はほとんど掘り尽くしてあるらしく、
全長にすると、東京〜大阪間に匹敵する距離だそう。












私が生まれたのが、昭和62年1月。
そこから2ヶ月後の閉山と知り、考え深い鉱山となりました。

ほとんどが当時のままの姿で残っているので、かなりリアルな現場をみることができます。

ただし、次回見学できるか、見学中に崩れてくる可能性も有り、運次第。。。笑

 

観光地化されすぎる世の中なので、
危険を伴うとしても、ありのままの姿で遺していただきたい、日本の遺産です。

投稿者:平木 雄一朗