とちぎ五輪全国大会へ その2

こんにちは。

前回に引き続き、松本が書かせて頂きます。

 

前の記事では、技能五輪全国大会一日目の模様を書かせて頂きました。

今回は二日目、そして閉会式のことについて書きたいと思います!😊

 

一日目が終わりあっという間に二日目突入です。

二日目は作業時間が午前のみなので、お昼には作品を完成させなければなりません。

時間が刻一刻と迫ってくる状況の中で、

宇都宮さんから一日目とは違う気迫が感じられました。

 

 

 

作業に向かう眼差しが真剣そのものです。

どんどんお庭が出来上がっていく一方でさまざまな作業をこなしていると時間が過ぎるのも早く、

終了時刻まであとわずか、というところで宇都宮さんはラストスパート!

 

 

素早い動きで終了時刻間際まで整地を怠りません。

そしてとうとう「終わりました!」の声が聞こえ、無事に作業が終了しました👏🎇

 

 

こちらが完成したお庭です!

全体的にすっきりとした印象もありますが、丁寧な仕事ぶりが伺える仕上がりでした。

 

 

無事に作業が終了し、ほっと一息の宇都宮さんです。

閉会式まで緊張は続きますが、この日の夜はようやくゆっくり眠れたのではないでしょうか。

 

そして、いよいよ緊張の閉会式と結果発表です。

観客の私ですら緊張していたので、宇都宮さんの緊張は計り知れません。

肝心の、結果は、………

 

 

 

 

見事、銅賞でした!!🌟🌟🎊

 

 

今まで一生懸命に練習してきたのを見ていたので、

素晴らしい賞を取ることが出来たのが自分のことのように嬉しいです!

本当にお疲れ様でした。

 

この二日間、主には宇都宮さんのお庭を見ていましたが、

他の代表の方の造るお庭にもそれぞれの個性があり、同じ課題でここまで自分の味が出せるものも少ないのではないかと思いました。

改めて庭造りの面白さを垣間見て、自分も懸命に取り組むことを忘れずに日々邁進していこうと思います。

 

宇都宮さんお疲れ様でした!😃

 

 

 

 

投稿者:松本 友香里