近江庭園の竹職人

こんにちは。

会社の秋明菊が秋を彩るように綺麗に咲いている今日この頃です。

 

今回は近江庭園の竹細工職人について書きたいと思います。

 

竹ひごを作っている最中の飛田さんです。

細く割いた竹をさらに薄く仕上げているところです。

 

私たちとお話をしながら簡単そうに作業をしているのですが、この作業、実はとても難しいのです。

竹用の刃物を使用して、竹の中身を皮から剥がしていきます。

この作業に慣れると簡単だよ、と言っている飛田さんですが、

慣れるまでに何本もの竹と向き合ってきたそうです。

 

倉庫の中で飛田さんを囲んで、飛田さんの技に感心している皆さん。

 

今回、竹職人飛田さんが作っている竹ひごは、やがて蛇籠という籠になり、

10月の下旬に行われる軽トラガーデンコンテストに出展されます。

 

テーマは「ヤマタノオロチ・天叢雲剣」だそうです。

日本神話がモチーフの作品ですね。

今からどんなお庭になっていくのか、私にはまだ想像が出来ないですが楽しみです!

 

これからまた完成まで、竹職人の技を紹介できたらと思いますので、

どうぞよろしくお願いします!

 

 

投稿者:松本 友香里