京の露地庭

露地

茹だる様な暑さ。。

今日もまた、目の前の木々と向き合います!

露地

露地  

京都のとあるお茶庭。

会長自ら育み、将来を思い描いて鋏を打ちます。

露地

先代の方の固い表情から、露地に寄り添う柔らかな表情づくり。
すこしづつ。すこしづつ。。

年月を経て、より豊かに。
歴史を纏った、日本の風景づくりへ。。


投稿者:平木 雄一朗